農地中間管理事業応募申込フォーム

各項目を入れて、次へすすむボタンをクリックして下さい。

申込者情報

公益社団法人埼玉県農林公社
理事長 松村 一郎

私は、公益社団法人埼玉県農林公社(農地中間管理機構)が行っている借受希望者の公募について応募したいので、申し込みます。 また、現に実施している農業経営は、農地中間管理事業の推進に関する法律第18条第4項の要件をすべて備えていることを確約します。 なお、氏名及び1の「借受希望について」の記載事項について公表されることを承諾します。

必須お申込み年月日
必須ご住所
  1. 都道府県
  2. 市区町村
  3. 丁目番地
必須お名前
必須フリガナ
必須電話番号
必須メールアドレス
必須確認のためもう一度

1.借受希望について

※複数の公募区域を希望する場合は、区域ごとに作成してください。
※該当する項目にチェックを入れてください。市町名、区域名、農業経営の状況については記載願います。
 市町村名、区域名は現在公募が行われている市町名・区域名を記載してください。
※遊休農地の借り受け希望した方は、希望する遊休農地を借り受ける際、荒廃程度によっては解消する経費の一部の負担をお願いする場合があります。

必須借受を希望する
市町村名及び区域名
市町村名  区域名

※区域が全域の場合は「全域」と記入、具体的な地区名があれば大字名を記入してください。

必須借受を希望する
農用地の種別、面積
田 ㎡    畑 ㎡     樹園地 ㎡    
 () 
必須上記のうち、遊休農地の借受を希望する場合の種別、面積
田 ㎡     畑 ㎡     樹園地 ㎡    
 () 
必須作付予定の作目
(複数回答可)


  1.      
必須栽培形態
必須借り受けの期間
必須公募区域で借受を希望する理由(複数回答可)

2.現在の農業経営・新規参入の理由等について

必須公募区域との関係

※「公募区域との関係」で<区域内農業者><区域外農業者>を選択した方は、「2-1.現在の農業経営等について」を記入して下さい。
※「公募区域との関係」で<新規参入>を選択した方は、「2-2.新規参入の理由等」を記入して下さい。

2-1.現在の農業経営等について

必須申出者の資格
該当するものに
チェック

必須所有地及び
経営する農地面積
(小数点以下切り上げ)
  自作地
(A)
借受地
(B)
農作業受託地
(C)

(A)+(B)+(C)
貸付地
 
その他
必須主経営
いずれかにチェック
  • 品目:

    品目:
必須機械等の所有の
状況(計画)
施設 ビニールハウス ガラス温室
農機具 トラクター トラック
コンバイン 田植え機
家畜 乳牛
肉牛
農作業に
従事する者
農作業経験等 ※個人の場合のみ
農作業歴 農業技術歴
その他
世帯員等その他常時雇用している労働力(人)
現在 (農作業経験の状況)
増員予定 (農作業経験の状況)
臨時雇用労働力(年間延人数)
現在 (農作業経験の状況)
増員予定 (農作業経験の状況)

2-2.新規参入の理由等

必須新規参入の目的・経緯
必須農作業・研修の経歴
期間
場所
内容

3.承諾事項

私は、応募申込書の提出にあたり、以下の事項について、承諾しています。

  1. 氏名、住所、電話番号及び借受希望農地の情報について、必要に応じ市町村・JA等の関係機関、団体、個人へ「情報提供」されることに同意します。
  2. 農地中間管理機構が行う貸付けに当たっては、
    1. 既農業者の経営に支障がないよう公正に貸付けが行われること。
    2. 既農業者相互での利用権の交換や集落営農組織の構成員がその集落営農組織に貸付けることを目的に機構に貸付けられた農地については、これらの関係者に優先して貸付けが行われること。
    3. 借受希望者の農地に隣接する農地については、その借受希望者に優先して貸付けが行われること。
    4. 借受希望者が複数いる場合には、農地の位置関係、希望条件との適合性、人・農地プラン等を総合的に勘案して貸付けが行われること。
  3. 農地を借受けた際には、すべての農地を効率的に利用すること、農作業に常時従事すること(常時従事しない場合は、地域の農業者と役割分担のもとに農業を行うこと等)、周辺の農地利用に悪影響を及ぼさないこと。
  4. 農地を借受けたときは、適正に利用し、毎年度利用状況を報告すること。

4.有効期間

有効期間は5年間です。有効期間内に公表の取下を希望する場合は、取下願いを公益社団法人埼玉県農林公社に提出して下さい。

必須承諾事項への同意